自由な働きができる!バイトのメリットとデメリット

勤務時間が短いということ

バイトとというのは、たとえば正社員や派遣社員と違って、より自由な働きができるということにメリットがあります。正社員になることが何よりも追及される時代ですが、あえてバイトという雇用体系を選ぶ人も実は少なくないのです。正社員は、確かに雇用が安定していて、給与も高いかもしれませんが、その分ストレスが嵩んだり、時間を削られたりなどしますよね。バイトというのは自分の好きな時間に好きなだけ働くことができるので、その辺が好まれているのです。

スキルアップも可能になっている

好きな時間に好きなだけ働けるバイトという雇用体系は、初心者でも始めやすい体制が整っています。研修制度やフォローアップ制度が整っているところもありますので、初めて仕事をするという高校生や大学生でも気軽に始めることができますね。バイトはまた、スキルアップも可能ですよ。未経験者OKという求人がたくさんあり、いろいろな仕事を掛け持ちですることも可能なので、さまざまな技能やスキルを身に着けることに役立ちます。

バイトのデメリットについて

自由に働き、スキルアップも可能なバイトですが、やはり正社員などに比べると給与面では不利になってしまうかもしれません。ボーナスや賞与もあまり出ないので、その辺で正社員と差を付けられてしまったりもします。単発の仕事であったり、臨時の雇用であることが多いバイトでは、雇用が安定していないというところもデメリットと言えます。しかしこのように不安定であるからこそ、ちょっとした審査だけで簡単に雇ってもらえたりなどするわけです。

一般的に高時給のバイトというのは、スキルやキャリア、資格などを生かした専門的なバイトとなります。高時給な分、専門的な業務も多くなります。

Comments are closed.