コンビニのバイトの基本的な働き方と注意点

すべてのバイトの入り口

コンビニは学生からフリーター、主婦まで幅広い年代層を採用して店舗を運営しています。バイト未経験であろうと積極的に採用しており、誰でも採用される可能性があることから、敷居は低いともいえます。そんなコンビニのバイトは、接客から品出し、発注まで幅広い業務を任されることになりますし、人件費削減のために最低限の人数で回すことになります。そのために広い視野が身に着きますし、場面ごとの決断力を獲得することができるので、他のバイトで応用することもできるのです。

夜勤の場合は時給が高くなる

コンビニの大半は二十四時間営業なので、深夜のバイトも募集しています。深夜となりますと昼間よりも時給が高くなるので、短い時間でより効率的に稼ぐことができるというメリットがあります。また、コンビニの立地によっても異なりますが、深夜の来客は基本的に少ないので品出しや清掃などの業務が基本となり、接客業が苦手な人でも挑戦することができます。業務の量は昼間よりも少ない場合が大半なので、負担はあまりありません。

コンビニで実践的な経営を学べる

コンビニの規模はスーパーなどと比較すると小さいといえます。そのためにバイトごとに業務の役割分担を行なうことができずに、業務の内容はどうしても広くなってしまいます。その中で売上やロスの管理も行なうこともあるので、お店の状況を把握するのは容易です。規模が小さいからこそ経営状態が良くわかり、また、ノウハウを学ぶことができます。本を読んだり授業で講義を受けるよりも、より実践的な経営学を経験を積み重ねることで学ぶことができるのです。

自宅近くで働いていきたい場合には、コンビニのバイトを活用することができます。近所で働けば、交通費などもかからず、安心して働いていけます。

Comments are closed.