知っておきたい!飲食店アルバイトの基礎知識

飲食店アルバイトは、探しやすくて誰にでも始めやすい

飲食店のアルバイトは求人数が多く、また自宅や学校の近くなどさまざまな地域にある場合も多いので、比較的探しやすいアルバイトの一つだと言えるでしょう。さらに年齢や性別を問わず募集されていたり、未経験OKというお店も少なくないため、誰にでも始めやすいアルバイトでもあると言えます。お店によってはフルタイムで働けるところもありますが、学生や主婦などが空いた時間を利用して、お店が忙しいお昼時や夕方の時間帯にパートとして働くというスタイルも多く見られます。そして継続的に働くことができるため、安定した収入が得られるというメリットもあります。

ホールとキッチンの違い

飲食店の仕事は、ホールとキッチンという2つの仕事に大きく分かれます。「ホール」は接客のことで、注文を取ったり、料理を運んだりする仕事のことです。ホールの仕事では、単に業務をこなすことだけではなく接客マナーを身に付ける必要があるため、慣れるまでは大変な仕事だと言えるでしょう。一方の「キッチン」は調理担当のことで、最初は皿洗いや盛り付けといったの誰にでも出来る仕事になりますが、最終的には調理をまかされることもあります。またお店によっては、ホールとキッチンの両方を兼ねるという場合もあります。

勤務時間や時給について

飲食店のアルバイトの勤務時間は、基本的に客の多いお昼時や夕方の時間帯になりますが、深夜営業や24時間営業をやっている店舗では深夜の勤務もあります。なので、あらかじめ自分が働きやすい時間帯を決め、それに合ったお店や条件を考慮した上で実際に応募するということになります。時給については、1,000円前後というのが相場ですが、地方ではそれより安くなる傾向があります。そして深夜勤務の場合、23時~翌5時の時間帯は、法律によって昼間の勤務より時給を25%増しにしなければならないと定められています。

福岡市での飲食店の求人では、土曜日・日曜日・深夜帯などの時給は通常よりアップするシステムを設けています。

Comments are closed.